記事の詳細




恐怖心霊現象 怪談百物語 第九話 牡丹灯籠

むかしむかし、京の都の五条京極に、荻原新之丞という男が住んでいました。
まだ若い奥さんに死なれた為、毎日がさびしくてたまらず、お経をよんだり歌をつくったりして、外へも出ないで暮らしていました。

七月の十五夜の日の事。
夜もふけて道ゆく人もいなくなった頃、二十才くらいの美しい女の人が、十才あまりの娘を連れて通りかかりました。
その娘には、ぼたんの花の灯籠(とうろう→あかりをともす器具)を持たせています。
新之丞は、美しい女の人に心をひかれて、
(ああ、天の乙女(おとめ)が、地に降りて来たのだろうか)
と、つい家を飛び出しました。
新之丞が声をかけると、女は言いました。
「たとえ月夜でも、帰る道は恐ろしくてなりません。どうかわたくしを、送ってくださいますか?」
「ええ。でも、よろしければ我が家へ来て、ひと晩お泊まりなさい。遠慮はいりませぬ。さあ、どうぞ」
そう言って新之丞は女の手を取り、家へ連れて戻りました。

新之丞が歌をよむと、女もすぐに見事な歌で返すので、新之丞はうれしくてたまりません。
(美しいだけでなく、教養もあるとは。実に素晴らしい)
すっかり親しくなって、時がたつのも忘れるうちに、東の空が明るくなりかけました。
「人目もありますので、今日はこれで」
女はいそいそと帰って行きましたが、それからというもの、女は日が暮れると必ずたずねてきました。
ぼたんの花の灯籠を、いつも娘に持たせて。
新之丞は、毎日、女が来るのが楽しみでなりません。
そして、二十日あまりが過ぎました。

たまたま家の隣に、物知りなおじいさんが住んでいました。
「はて、新之丞のところは一人きりのはずだが、毎晩若い女の声がしておる。うむ、・・・どうもあやしい」
おじいさんはその夜、壁のすきまから新之丞の家の中をのぞきました。
すると新之丞が明かりのそばで、頭から足の先までそろった白いガイコツと、差し向かいで座っているのです。
新之丞が何かしゃべると、ガイコツがうなずきます。
手や腕の骨も、ちゃんと動かします。
そのうえガイコツは口のあたりから声を出して、しきりに話をしているのでした。

あくる朝、おじいさんは新之丞の所へ行き、たずねました。
「そなたのところへ、夜ごとに女の客があるらしいが、一体何者じゃ?」
「そっ、それは・・・・・・」
新之丞は、答えません。
それでおじいさんは、昨夜見た通りの事を話した上で、
「近いうち、そなたの身にきっとわざわいがおこりますぞ。死んで幽霊となり、さまよい歩いている者と、あのように付きおうておったら、精(せい)を吸い尽くされて悪い病気にむしばまれる」
これには新之丞も驚いて、今までの事をありのままに打ち明けたのでした。
「さようであったか。その女が万寿寺(まんじゅじ)のそばに住んでおるというたのなら、行って探してみなされ」
「はい、わかりました」
新之丞はさっそく五条(ごじょう)から西へ、万里小路(までのこうじ)まで行って探しました。
しかし一人として、それらしい女を知る人がありません。

日が沈む頃、万寿寺の境内へ入って休み、北の方へ足を向けると、死者のなきがらをおさめた、たまやが一つ、目にとまりました。
古びたたまやで、よく見たところ、棺のふたに誰それの息女なになにと、戒名(かいみょう→死者につける名前)が書きつけてありました。
棺のわきに、おとぎぼうこ、とよばれる子どもの人形が一つ、また棺の前には、ぼたんの花の灯籠がかかっていました。
「おお、間違いなくこれじゃ。このおとぎぼうこが、娘に化けていたのだな」
新之丞は怖くなって、走って逃げ帰りました。
家へ戻ったものの、夜にまた来るかと思うと、恐ろしくてたまりませんので、隣のおじいさんの家に泊めてもらいました。
それからおじいさんに教わって東寺へ行き、そこの修験者に訳を打ち明けて、
「わたくしは、どうしたらよいのですか?」
と、たずねました。
すると、
「間違いなく、新之丞殿は化け物に精を吸い取られておられますな。あと十日も、今まで通りにしておったら、命もなくなりましょう」
修験者はそう言って、まじないのお札を書いてくれました。
そのお札を家の門に貼り付けたところ、美しい女も灯籠を持った娘も、二度と姿を見せなくなったのです。

それから、五十日ほどが過ぎました。
新之丞は東寺へ出かけて、今日まで無事に過ごせたお礼をしました。
その日の夜、お供の男を一人連れていたので、東寺を出てお酒を飲みましたが、
お酒を飲むと、むしょうに女に会いたくなって、お供の男が止めるのも聞かず、万寿寺へ出かけて行ったのです。
万寿寺に着くと、あの女が現れ、
「毎晩、お会いしましょうと、あれほど固くお約束をしましたのに、
あなたさまのお気持ちが変わってしまい、それに、東寺の修験者にも邪魔をされて、本当にさみしゅうございました。
・・・でも、あなたさまは来てくだされました。
お目にかかれて、本当にうれしゅうございます。
さあ、どうぞこちらへ」
「うむ、そなたにつらい思いをさせるとは、まことにすまん事をした。そなたが何者でも構わぬ。これからは、二度と離れぬ」
「・・・うれしい」
新之丞は女に手を取られて、そのまま奥の方へ連れて行かれました。
後をつけてきたお供の男は、腰を抜かすほどビックリして、
「た、たっ、大変だ! 新之丞さまが、あの女に誘い込まれて、寺の墓地の方へ!」
と、隣近所に言ってまわりました。
それで大騒ぎになり、みんなして万寿寺の北側の、たまやがある所へ行ってみました。
しかし新之丞は棺の中へ引き込まれて、白骨の上へ重なるようにして死んでいました。
女に精を吸い取られて、新之丞は老人のようにやつれていましたが、その口には笑みが浮かんでいました。

万寿寺では気味悪く思って、そのたまやを別の場所へ移しました。
しばらくして、雨が降る夜には新之丞と若い女が、
ぼたんの花の灯籠を持った娘とともに京の町を歩く姿が見られ、それを見た者は重い病気にかかるとうわさが立ちました。
新之丞の親類(しんるい)の人たちが手厚く供養をしましたが、魂が迷い歩かないようになるまでには、かなりの時間がかかったという事です。

引用:福娘童話集
http://hukumusume.com/DOUWA/index.html

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る