記事の詳細






恐怖心霊現象 怪談百物語 第37話 海坊主にあった船のり

むかしむかし、徳蔵という船乗りがいました。
船乗りの名人として知られ、徳蔵の操る船は、どんな嵐も乗り切り、これまで一度として遭難した事はありません。
だから船主たちは、大事な荷物を運ぶ時、必ず徳蔵の船を選ぶほどです。
しかし、そんな徳蔵にも、肝を冷やす様な出来事がありました。

ある日、徳蔵は荷物を降ろした後、のんびりと船をこいでいました。
空は晴れ、おだやかな波の上で海鳥たちがたわむれています。
「何て静かな海だ」
すっかり良い気分になった徳蔵は、歌を口ずさんでいました。
はるか向こうに、島影が見えた時です。
ふいに、生暖かい風が吹いて来て、波が高くなりました。
沖の方を振り返ると、さっきまで晴れていた空に黒い雲がわき出し、みるみる広がって行きます。
「おかしいなあ?」
徳蔵は、首を傾げました。
これまで長年の経験で、こんな日は絶対に嵐などやってきません。
それでも、あたりは暗くなり、船の上まで黒雲がたれてきました。
波はいよいよ高くなり、船が大きく揺れます。
やがて雨が降り始めると、激しい嵐になりました。
(こういう時は波に逆らわず、じっとしている事だ)
徳蔵は船をこぐのを止めると、ろ(→船をこぐための棒)を船に引き上げたまま、船のバランスを取る為に、船底にうずくまっていました。
船はまるで、木の葉の様に揺れます。
と、その時、目の前の海から黒い物が浮きあがり、あっと言う間に高さ一丈(約三メートル)ほどの大入道になりました。
「ば、化け物!」
さすがの徳蔵も、ビックリです。
けれど、腕ききの船乗りだけの事はあり、慌てずにその化け物をにらみつけました。
化け物の両眼が、ランランと光っています。
そして、うなるような声で言いました。I
「どうじゃ、わしの姿は恐ろしかろう!」
すると徳蔵も、負けじと言い返します。
「何が恐ろしいもんか。世の中には、お前より恐ろしい物はいくらでもいる。とっとと消えうせないと、このろで叩き殺すぞ!」
徳蔵のすごいけんまくに、逆に化け物が慌てました。
「チビのくせに、恐ろしい男だ」
化け物はそのままスーッと海へ沈むと、それっきり姿を見せなくなりました。
と、同時に嵐が止み、再び空に日が戻ります。
家に戻って、この事を近所の物知り老人に話したら、それは海坊主という妖怪(ようかい)で、からだがうるしのように黒く、嵐を起こして船を沈めるというのです。
(なるほど、それにしても、よく船を沈められずにすんだものよ)
この話しはすぐに広まり、海坊主を追い払った船乗りとして、徳蔵への仕事の依頼(いらい)は、ますます増えたということです。

引用:福娘童話集
http://hukumusume.com/DOUWA/index.html

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る