記事の詳細






恐怖心霊現象 怪談百物語 第38話 ろくろっ首

むかしむかし、江戸の堺町には、いくつもの芝居小屋(しばいごや)が並んでいて、たいそうな賑わいでした。

ある日の事、きれいな娘が一人で、
♪チリン、チリン
と、ゲタの鈴を鳴らして芝居小屋の前の人混みを歩いていました。
よほど芝居好きなのか、一枚、一枚、どの小屋の絵看板も、食い入る様に見ながら歩いていきます。
そして気に入った役者の絵があると、その前にピタリと止まり、首がスルスルと伸びていったのです。
娘は夢中のあまり、自分の首が伸びている事には気がつきません。
ところが、通りがかりの人はビックリ。
みんな足を止めて、首の伸びた娘を見ています。
娘は次々と絵看板を見ていって、中村座の前まで来るとピタリと足を止めました。
出し物は、忠臣蔵です。
「力弥(りきや)もきれいじゃが、勘平の良い事。それに、こっちの五段目の定九郎も、ほれぼれとする男ぶり」
娘の首が絵の中の中村仲蔵の定九郎のところまで、吸い寄せられる様に伸びていきました。
「おい、見ろ! また伸びたぞ!」
「娘のろくろっ首だ!」
まわりは大騒ぎですが、娘は全く気がつきません。
そして娘は何事もなかったかの様に、
♪チリン、チリン
と、ゲタの鈴を鳴らして、日本橋の方へ歩いて行ったという事です。

引用:福娘童話集
http://hukumusume.com/DOUWA/index.html

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る